お金のジンクスは金運とは関係なかった。現金を見るということ

Photo by Brooke Cagle on Unsplash

 

ごぶさたなのに、毎回テーマが重め(笑)

どうも、ゆーこりん(XL)です。

 

ログイン回数が頻度ひくめですが、実はひとさまのサイトいくつか作ったり、お手伝いしてる団体の広報的なこともやっているという上に、一番長いキャリアであるヘアメイクや美容の仕事の方も淡々と、続々とお仕事は入り続け…。

 

とはいえ現状としては「かーさん」の時間がもっとも長いわけで。

なんだかしっちゃかめっちゃかになってそうで、意外に自分のペースは全然崩れないこの生活を楽しんでいるこのごろです。

 

もともと飽き性の方なので、一度にいろいろ掛け持ってるっていうの本来すきなんですけど、最近おもしろいことに気がついたんです。

 

それは「お金のこと考えなくなった」ということ。
いろいろやってるんだけど、お金のこと全く考えなくなったんですよ。

 

それよりも日々1日1日をちゃんと楽しみたいし、自分の本来大切にしてるものからはブレてない、って心が平和っていうところに常に注意を向けてそうするようにしてる。

 

んで、おもしろいことにそういう自分が当たり前になったらお金が常に「ある」のが当たり前になってきちゃいまました。

 

いや、もちろん物質という側面から見て”交換物資”として「減る」っていう現象は普通にありますよ。
たとえば収入の目処がついてはいるけどまだ入金前だとかに「おお…。ゼロに近くなってく〜」、とか(笑)

 

ここは変わらないです。別に。
感覚とかも昔のようにみぞおちあたりが冷えてシビれてくるみたいないや〜な感覚もまだ普通に感じます。

 

でも今はそれって単なる「ああ、そう感じたのね」っていう流れのひとつであり、「ほう。ならこうだったら気分良さそうかねえ?」という新たな仮定、仮説へのひとつの目安というか。

 

完全とは言わないまでも、わりとそこから「フリー」であるっていう状態ですね。

 

もうこれ、わたしの最大のテーマだったし、多くのひとにとってここから自由になることってすなわち自分の人生を豊かにする最大のキーだと思うんですよね。

 

※ここに人生の大半(ってまだ40年とそこらですが)を、自分のエネルギーのほとんどをかけて探求してたのも、もともとは実の親の姿を見ていて…というのがきっかけですからね。

そこからたくさんの「ひと」と「じぶん」を観察することでさらにそこが深まったので。

だからこそよく取り上げるテーマでもあり、わたしには「日常」のネタであります。

 

で。

自分が最大のテーマからやっとフリーに近づいたってことで余裕もあるし、そんなネタついでに、前までものすっごく気にしてたお金のジンクスを思いっきり逆振りしてみようと面白半分でやってみよう、とやってみたんです。

 

思いつくとこで

 

  • 長財布ではなくてはいけない(お札を折らない)
  • お札の向きは頭が下向き
  • 新札を財布に入れる
  • 常に10万円以上入れとく
  • 財布の色は金運を気にして決める

 

こういうやつですね。

 

どっから自分に仕込んだかは定かじゃないけど、まことしやかに検索すると上がってくるようなスピまじりなこんなかんじの情報、まあまあ素直なんでこういうの「やっとこうか」って結構気にしてやってたんですよね。

 

だって当時ノドから手が出るほどお金、増えて欲しかったし(笑)

 

でもそもそもの自分の前提に気づいて変えるっていうところが当たり前になってきた今、この「(ないから)増えるために意図して何かする」っていうことの矛盾は知ってしまったわけです。

 

だからやめてみた。

 

長財布ではなくてはいけない(お札を折らない)→ミニジップロックみたいなのにお札を折って入れるww

お札の向きは頭が下向き→向きは揃えるけど方向は気にしない

新札を財布に入れる→気にしない(たまにわざわざ新札に変えたりしてたことも(汗))

常に10万円以上入れとく→そもそもジップロックにそれはかさばる!

財布の色は金運を気にして決める→半年間に3つ買った(!)けど、全部個人的に今このみなグレージュww

 

こんなかんじでやってみたわけです。

 

理由のひとつはここ数年はこんなちっさいバッグしか持ち歩かないようになったことも。

 

あと

 

現金で払うことが超大事!っていう説もあったり、クレカとかポイントカード捨てろ!っていう説もあったりします。

 

もともとポイントってカードいつも忘れるタイプだから気にしてなかったし、そもそも貯めないタイプだったけどクレカじゃなく「現金で払う」「現金を見る」ってことだけは気にしてやってたんですよね。

 

過去にクレカで200万円借金作って、金利にヒーヒー言いながら結構な時間かけて返してたことがあったから。

 

でもそれもやめて、ちゃんと今を見ながら、事実を見ながら、クレカとかスイカにチャージして、とか、も「お金」として(実際同じに使えるわけだし)、ネットで買い物とかも地域的によくする方なのでポイントもすぐ貯まるから、そういうのも特に差別しないで使ったりもしてみました。

 

持ち歩くのも10万円とか現金だとお釣りとかもらったあと超かさばるし(汗)
だいたい普通にしてて現金で10万円ださなきゃ何かできないってことがないwwww

小銭でもたつくのとかも、ちっさいことだけどやっぱりイラつくし。

 

取引だって今は振込とか事前決済がほとんどだし。
後日清算でもどのみち数字の移動なわけで。(振込とかの)

 

まあ、そのときどきの「快」にフォーカスを当ててったら、「ジンクス」って結構むりくりやってないか?ってことが浮かびかがってきたんですよね〜

 

あとは、「そうしてる自分、よし♡」みたいな。安心感的なものにすがってる自分もみえた。

 

てことは?
それやってることで産んでる効果ってのは???

 

逆説的なものに…なるよねえ〜〜〜〜〜!!!と42にしてやっと納得wwwww!

 

人生初ジップロック生活は長財布に飽きて新しいのが届くまでのほんの1週間程度だったんだけど、

 

その後副産物として、長財布いれなかったら1ヶ月に3つの財布を買う、というこれも人生初のことをしました。

 

金額で言ったら結構…(だってわし貧乏性歴40年以上…)…。

 

でもここもちゃんと「今」を見て前提変えて「初(てか以前のタブー)」をやってみたら。やってみなければわからなかった感覚を体験できてすごく発見でした。

 

お金ですか?
逆に、こんな入ってくるの〜〜〜???くらい軽やかに流れてきました。出すと入るっていう流れの本当の意味も体感でつかめましたね。

 

きっと懲りずにまた気持ちよく放流しますけどね(笑)

 

実はこの記事、ジップロック生活をしていた1週間の終わりあたりに下書きで書いていた記事にオーバーライト。(てか、その記事の内容はタイトルしか残ってませんww)

 

でもその時点では財布をまさか1ヶ月で3つも買うとは思ってないし、その後にぽんぽんとお金が入ってくることも知らない段階です。

 

でも気づいたことですごくすっきりしたってことと、その気づきがなんだったかってことを書いてました。

 

さらに実はそのジップロック生活に入るちょい前に、「なんかあやしいぞ・・・・」というお金の明らかにネガティブ方向への動きを見てたんです。

 

あれ…減ったまま…てかどんどん減ってくぞ…こりゃおかしい…、と。

 

そういう結構ヒヤヒヤしてるときだったから余計「何がおかしいのか」ってことを根本から見れたってことですね。

 

うん。
まじでジンクス関係なかったっす。

 

なんならほんと身軽で快適だった。特にジップロック。(高級でしっかりしてて質感もラブ♡と思った小さすぎる三つ折り財布はカード入らなすぎて免許と保険証入れていっぱいになってちょっとイラついたww)

 

ちなみに今はバッグとかシュチュエーションによってお財布変えてるっていう、以前のわたしにはセレブしかできんだろ、それ!って異常にハードル高くしてたことをやっちゃってますwwww

 

てか、そんなんモノ好きなひとって結構やってますよねん。超高級車ですら複数台所有の人口って案外少なくないですもんね〜

 

自分の人生ひとつなら、やっぱり今すぐ変えられる。

これはやっぱり本当ですね〜

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク