強力で簡単に人生を変える方法は〇〇〇〇だった

本文とは関係ありません(笑)最近買ってすごくよかったルンバもどき。

 

昨日、今日と講座でセッションつづき。
対話の中で自分でもあまり細かく振り返ってこなかったところにもアクセスをするという作業がけっこう頻繁に登場しました。

 

そうでなくても今月はスケジュールがけっこう詰まり気味でかなりの量の対話を重ねていたことと

季節的にも春先はどうしても「節目」「断つ」「選ぶ」「決める」など、世の中的な流れに沿ってか、内面のエネルギー的が向かう先もそういう話題が増えていたこともあって、

 

結構重大なテーマに真剣に潜る!ってかんじの機会がすごく多かったんですよね。

 

その対話の中でいくつか、今までも感覚としてはあったし説明もできたことだけど一言で例える!みたいまでにはシンプルにできていなかったことが、

 

いろいろ繋がってシンプルな2語レベルまでに落とし込めたことがいくつかありました。

 

そのひとつがタイトルにある「〇〇〇〇」というキーワード。

 

単刀直入に言うとこの「〇〇〇〇」に入ることばは

 

あきらめ(諦め)。

 

※キーワードだけわかっても全く意味がないからあえて冒頭でネタ明かししてます。なんで「あきらめ」が強力で簡単に人生変える方法になりえるのか、本当に知りたいならぜひしっかり読み込んでみてください♡

 

 

すこし話題逸れますが、実はそれと繋がりのあることでよく勘違いされることのひとつに

 

 

「思考が現実化しちゃうから不幸なことやネガティブなことは絶対考えちゃいけない!」

 

 

っていう概念があります。(筆者であるわたしも割と近い過去までそう思ってました(汗))

 

が。

 

だからって「思考は現実化しません」という短絡的な反転するのは早とちりです。

この記事は「あきらめ」の真実と、「思考が現実化するの反転」、それのどこが見解違いなのかっていうことも発見できる気づきのきっかけになるかもしれません。

 

 

 

◾️ほんの2年前まで、なにもかもが理想と違う状態だった

友人がやってるホルモン焼き屋さんにて。家族みんなわりと肉食♡

 

いまでこそ、「人生を変える」っていう深淵極まりない(ようにしか見えないけどほんとはすごくやさしいです!)テーマで”方法”とか理論的なことを伝えていくということをやってますが・・・

 

ほんの2年くらい前まではその核心は、まさによく言う「ヴェールに包まれてるみたい」に、見えてるはずなのにはっきりとは見えない!みたいな状態でした。

 

だから自分にとって深さがあまりない問題はサクッと背景や現実が変わるというのは体現できていたけれど、いざ「なんにでも」っていうふうには応用できなかったんですよね。

 

そして。2年前っていうとちょうど新婚1年目のころ。
産後1年すぎたころ、というタイミングでした。

 

文字面だけ見ると「しあわせそうな時期じゃん」ってかんじですが。

 

40才近い年齢での”高齢出産”で、なおかつ”電撃婚”(つまり交際期間が非常に短い)。

 

その時期がどれだけ波乱含みで、デリケートな状態か。
その時期の精神状態や体の状態がどれだけしんどいか。

 

乳幼児の出産やお世話の経験ある方なら、このパターン、なんとなく推測がつくかもしれません。

 

とにかく出産前のわたしには想像すらできなかった状況が広がってました。

 

夜は何も気にせず大人だけで眠りたいし、昼間はやっぱりずっと好きでやってきた仕事に関わっていたい。
ひとりの時間ももちろん今まで当たり前にあっただけはほしい。

 

でもすべてが途中で遮られる。
すべての時間が自分以外を中心軸としてまわる。

 

一番頼りにしたかった彼とは信頼関係どころか、元来の彼の器に対する信頼を裏切られるような言動や行動が積もり積もって、コミュニュケーションもろくに取れない、会話もまともにない。できない。

家のどこにいても響き渡る鳴き声、終わりのない授乳、動き出せば誤飲や転落を常に注意する緊張感。
おむつの世話と、これまた何度言っても実らないように思えるトイレしつけ。それに失敗したときの後始末。

 

体力も気力も今まではめったに使わなかったはずの「全力」、かそれ以上が毎日の”必要量”。

 

 

あらゆる手を使って!とその状況から「しあわせ!」と心底思える状況へ変えよう!と行動を重ねていました。

 

その甲斐あって、ずいぶんとラクな環境には整えられたんです。

彼との関係も、階段を一歩一歩あがるように、まさに「築かれる」かんじで信頼を重ねていました。

 

だけど当時の理想的か、と言えばそうでなかった。

 

あくまで想定内か以下か、の結果どまりでした。

 

2才をすぎるまでは子供との時間は正直1日2時間あれば十分。
そのくらいなら疲れることも怒ることもなく笑顔の優しい愛のあふれるママでいられるのに。

 

もういっそのこと彼だって別の相手に変わってもいい。

 

ほんとうを言えば、そんな気持ちもありました。

 

彼とのことは別離もつねに覚悟で。
子供のことは本当にいろいろ調べて、行動して、とやってきて。

 

でもある時。
それ以上は「叶える」ために行動すること自体が「もう無理…」という状態になってしまったのです。

 

理想にはまだ遠い状態のままなのに。

 

 

◾️あきらめたとたんに状況が一気に変わった

冒頭のルンバもどき。こんなところにももぐってくれるのです!どかさなくてもよくて、しかも勝手に掃除してくれるの最高!(涙)

 

ダイエットでいうと停滞期みたいなそんな状況に陥った時期です。

 

ある日自宅で子供といたとき、いつもと同じように全く自分の思い通りにならない、騒がしくて散らかされながらワガママを通そうとする”いつものとおり”の様子を目の前にしたら…。

 

怒る気力も、対処する気力も失って。

次の瞬間には呆然とそれをほんとうに「ながめてる」自分がいて。

 

そしたら

 

「ああ。わたしはこの”今”から逃げられない状況にいるってことが”今”なんだ。」

 

と淡々とその状況を見て「受け止めてる」自分がいたのです。

 

その次の瞬間には

 

「なんだ!ならその”今”を諦めよう!」って素直に思えて。

 

その時点でものすごく体のエネルギーがすごく軽くなってることに気づいたんです。

 

そしたら今までは「いやなこと」「つらいこと」「相手のせいで苦しめられてること」だったはずのことが、

 

あれ?ほんとはこれは違うんじゃない?

ん?これってすごくしあわせなことかも?

あれ?あれ? 自分で自分がそうくくってるだけなんじゃないの?

 

ってことがたくさんナダレみたいにぶわ〜〜っ!と出てきて。

 

そしたら今まで見えてこなかった情報や、とりたてて興味も持たなかった話題や情報が記憶の中からあぶり出されるように出てきたんです。

 

お〜〜!

次元が変わるってこういうことか〜〜〜!!!

 

と毎度ながらですが感心しつつ、過ごすこと数日。

 

急にいままでどうしてこの情報にたどりつかなかったの??という好条件の幼稚園のプレクラス(しかも週5で園バス通い)の情報が入ってきました!

 

その日か翌日にはもう現地見学して話を聞きにいき、園の様子を見て即決。

 

その翌月には息子くんは、るんるんで幼稚園に通い始めることになりました。

 

 

◾️「ない」と「ある」は同じ地点にある


先週の河津桜。すでに満開でした♡

 

 

こういうふうに「あきらめた」ことで次元がガラリと変わったことはこれだけではなく。

 

✔例えば年収をあげる

✔フリーランスの立場で安定した収入を実現する

✔働き方を理想に近づける

✔結婚(笑)

 

なども思い起こせば一番変わったきっかけにあったなあ、とこれまた記憶からぽこぽこと浮かび上がってひとり、妙に納得して静かに心の中で盛り上がっちゃいました。

 

ちょっと話がそれますが、日頃わたしがひとに会うとそのひとから受け取るイメージって

 

そのひとの過去、未来がミックスされたようなイメージがザッ!!!!!!とパラパラ漫画ばりに大量のシートの束みたいのが展開したり、一枚だけぴょんと取り出したり、みたいなイメージなんですね。

 

しかもそのひとの「出来事」とかじゃなく「感情」の部分。

 

霊感とか霊能力といった趣ではないです。
逆にそういう存在が「見える」わけでも、話ができるわけでもありませんので。

 

そして「映像」としてこれが展開されるってことでもなく、あくまでイメージです。

 

実際に「なんでそんなことわかるの?」とよく言われます。

 

そこもこのことが単純な言語化ができたことで、すごく繋がりました。

 

「ない」と「ある」が裏表のひとつのものだということや、「過去」も「未来」も同じ場所にあると言う説があることも。

 

量子力学的な観点から心理学を論じるひとがいることも。

 

ここでつながるってことは、わたしはそこへの専門的な見解も理解もたいしてないし、スピリチュアル信仰でも霊能者でもないってことです(笑)

 

つまり誰でもできることだってことを身をもって証明してるってことにもつながりますねwww

 

「あきらめる(諦める)」ことならきっともっとハードル低い。

 

単にあきらめればいいって話では全くないけれど、諦めるって決してマイナスだけのことじゃないってこと追い込まれたとき思い出せたらこっちのもの♡

 

人生には無限の選択肢がいつも「ある」♡

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク