願望が叶わなかった理由はこれだった。「意識」を野放しにしてはいけない理由

訓練しまくった結果、それが何かしら思考や反応が起こると

 

自分の「前提」を見る、というのがほぼほぼセットで起動されるようになってきました。

 

そうなるともう日々の生活っていうのが若干「ゲーム感」が出てくるもので…

 

こうしてブログにして発信をしている身としては、

 

「あ、今この思考の視点を変えたことによってどんなふうに現実変わるかな♡むふふ♡」ってな具合に人生をネタとして見てしまう自分がいます(笑)

 

人生41年目。

 

やっと人類としてまともにこの現世を「楽しむ」っていうステージに来れた気がします。

 

最近では

「住居が理想の環境になる」
「ジュエリーを買うを日常にする」

っていう願いが叶ったところだったので、その叶ったという現実に喜びつつも

 

ああ、また叶ったな〜…っていうふうに淡々と見ている自分がいるのにも気づきます。

 

人間の欲ってのは終わらないもので…

 

「叶えたいもの」っていうのは日々生まれてくるものでもあるので、それについて思い巡らしつつ冒頭に書いたような

 

自動的に起動する「前提を見る」、っていうことを意識の中で淡々とやってます。

 

そんな日常も繰り返していると、「叶わなかった過去」もそれとセットで同時に思い出すようになってきました。

 

そしたらポンっとはじけるみたいに「なるほど!」と腑に落ちたことがあったんです。

 

それは「叶わなかった願い」の理由でした。

 

 

◾️実は本能に守られていた

「前提」っていうのは自分が無意識に抱え続けてきた「思い込み」とか「世界の常識だと信じ込んでいること」とか、そんな

 

自分がこういうものだ、と信じて疑わない世界観と言えばいいでしょうか。

 

おそらくそういうものに対してまず「疑う」っていうことはほとんどの人はしないと思うんですけども、

 

そんな一見イミわからない、なんの役にたつかもわかんない「前提を見る」っていうことを訓練してきた理由ってのは、現実の原因が実はここにあるっていうことを身を持って体得してきたからなんですね。

 

(そのエッセンスを含んだメイクレッスンとかそのものの講座もやってます)

 

だから思いもしないルートで一見願った当時ムリな願いがすんなり叶っていく理由っていうのはまさにここにあるんですが…

 

まあ〜〜〜〜それを「変える」っていうことの単純さったらないのに
実際にそれを思考や感情の上でやるとなんと難しいこと!!!!

 

そして今のように「あることに対する思考とほぼ自動的にその前提を見る」っていうステージにくるまでは、そもそも

 

「前提」とかナニ?「疑う」ってナニをw?

 

ってかんじでした。

 

でもそれを繰り返して、願えば叶うってのは「予定」だという感覚になってきている今の思考とか視点、反応を自分がふっと俯瞰で見れた瞬間…

 

何かしら「願い」を思い浮かべたり「変化」を願ったりするときに

 

「”変化”に対して否定的な反応」っていうのが、毎回必ず自動的に発生してた

 

っていうことに気が付いたんですよね。

 

あ、これ「本能」の反応だったんだ!とやっと合点がいったんです。

 

 

◾️なんで本能は変化を嫌うのかの補足

以前にわたしは「脳は変化を嫌うという性質がある」ということを学びの途中で知りました。

 

そのときは「ふーん」くらいなもんでした。
それが実際に心理的な面でどう働いてるのか、客観的に見ることができなかったので。

 

なんで変化を嫌うかというと。

それは人間や生物には恒常機能というのが備わっているから、というのが心理学的定説にあるんです。

 

「変化=死に直結」という太古の昔からの生物の遺伝子的な機能と言えるものだそうです。(学者ではないので学術的なとこは自由にググってみてください)

 

 

◾️この時代に合う本能は訓練すれば変えられる

この毎回必ず!の「自動反応」は確かにそうだったな…と気づいたときに、

 

ああ、全力でできない理由を差し出すってのが本能なんだ、と理解できたんですね。

 

ただもうこの本能の機能は「感情面」や「環境面」では太古の昔と同じように反応させる必要があるかと言ったら…

 

ない

 

ですよね…。

 

生存に不可欠な機能面でのそれは変える必要もなく、十分にその豊かさを享受すればいいと思いますが

 

心理面で「思考」や「感情」が本能の赴くまま、

一定を保つ

元に戻ろうとする

 

という状態を野放しにはしておくのは…現代生活には適合していなさそうですよね。

 

これが「願いが叶わない理由」ならなおさら。

 

無意識を意識する、なんてちょっとアンニュイってかおしゃれな響きもありますが(笑)

 

関心を寄せる価値、ありますよ♡

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク