本当に願いが叶った「ノート」の使いかた

最近ブロガーさんが出版するというのが結構ふつーのことになってきましたね。

 

ブログから本になるっていうパターンだから、スピリチュアル系の書籍なんかも10年前とは比べ物にならないくらい増えてる気がします。

 

(10年前はその道の専門書って雰囲気の難解そうな本が多くて、しかも目立たないとこにちょっとだけあるかんじでした。しかもオカルト的な扱い。)

 

その中でも最近話題になっているのが「ノート」。

 

でも実際のとこどうなんだろ?って思ってる方に体験談を、と思って書いてみました。

 

◾️叶えるノートは自分のすきなように書けばよかった

雑誌の切り抜きを貼る

自分の思いを現在進行形で書く

イメージをしっかりする

 

いろいろコツがうたわれてます。

 

かなりヨコシマな気持ちで取り組んだ(ww)わたしは、迷う余地もなく「そんなんで叶うんなら全部試しちゃう♡」と思って全部やってみました(笑)

 

結論から言うと、「書き方」云々は問題じゃなかった、というのがわたしの実感。

 

結局のところノートの役目は願いを叶えることではなくて、

よく知られているようにその役目は「記録」でしかなかったです。

 

とは言えよく言われている「書くと叶う」はほんとです
いろいろ実現したことがあるけれど、ノートがあったからこその現実化っていう意味はよくよく体感できました。

 

書き方じゃなくて何を気にすればよかったかというと、

本当に気にしなくてはいけなかったのは「書いたときの感情」だったんです。

 

 

◾️叶う理由、叶わない理由 それぞれの実験検証

最初ピンタレストとかで画像を印刷したりして「ほしいものビジョン♡」みたくしてノートに貼り付けて、という方法を試しました。

 

携帯の待ち受け画面にしてたりも。

 

でもそれでそのものズバリが叶うってのは…

正直なかったです(笑)

 

でも似たようなものは結構手に入りました
正確に言うと、現状受け入れることのできるグレードの同じテイストのもの、というかんじ。

 

「現在進行形で書く」っていうのも同時にやってみました。

 

これは効果ありましたね。

ただし、「しっくりきてるか、きてないか」っていうところを自分の中できちんと見ることができたときだけ、です。

 

現在進行形の文体にするっていうことは、厳密に言うとその時点では「ウソ」になるじゃないですか。

 

この「ウソ」だし、っていう気持ちがマッハの速度でくるときは、その願いはほんとに「ウソ」になります(笑)

 

叶ってない時点ではもちろん全部「ウソ」になるんですけど、書いてる時点で「ウソだし」という言葉より先に

 

「や〜〜〜♡これ叶ったら…いいよね〜〜♡」って純粋にその世界観にひたれることってあるんですよ。 そこに疑いとか特にネガティブな感情が湧かない純粋な。

 

それはもうあっという間に現実になります。
あっという間は語弊があることもあるかな…ある程度期間を経て叶ったこともありますので。

 

例えば…せこいけど今月払える予定ないけどえいや!って30万くらいのカード切ったりするとするじゃないですかwww

 

「それ払えてる!」っていう状態を叶えたいって願いがあったとして(実際にあった話ですw)

 

それって、現実的な予測だと6回払いでなんとか…みたいな状況だったんですよ。

 

でもなんと2回払いで終わりました

 

収入の予測立ってないところから、支払いの日には15万円ずつ払えたってこと。

 

ほんと言えばもちろん現金一括が理想ですよ😎

でもその未来を信じきることはできなかった。 
というわけで「現金一括」は実現にはもちろんいたりません。

 

だけど、払えててほっとしてる自分っていうのはフツーにイメージできたので「しっくり」は来てたんですよ。 

だから思いの他早いスピードで叶ったんですよね。

 

それと同時に「イメージをしっかりする」っていうのも取り組んでみました。

 

こちらもイメージングができてるかどうかよりも、そのイメージは無理くりしてない?かを確認できているか、が、結果に影響することを知る手がかりになりました。

 

例えばです。

 

理想の新居を手に入れる♡

 

みたいな願いがあったとします。(これも実際にありましたw)

 

こっちは「新居」じゃなくて、「現状の住まいを理想の状態へ大改装」っていう形で叶いました。

 

なぜなら本心は「新」は求めてなかったから。

 

もともと古い家の様式や空間がとても好きで。

相当なお金持ちか、超こだわりアーティストさん(もちろんお金持ち)のおうちで見た、経年劣化もすごいいい味になってる!っていうホンモノの健在しか使ってません!みたいな家”限定”で強い憧れを持ってたんです。

 

それ以外はいらない!みたいな(笑)
というわけで「古い」は叶ってるわけです。

 

そして息子がまだ3歳ということもあって、未来を「固める」ようなことがいやでした。

 

そしてわたしは旅がすき。出かけるのが好き。

メキシコの半島の高級リゾートで5スターホテルとかにいても、ほっとんど外に出てました(笑)

 

だから家を買うこと=価値がかなり低い状態 だったんです。
当然そこに多額のお金を費やすということも、所有するということも本心では望んでなかったわけです。

 

でも空間に強いのぞみがあった。
だから空間が理想的なものに近くっていうのは、そりゃ叶いますね。

 

 

◾️叶えたい目的のノートで本当に見るべきものとは

実際の検証、まとめて見えてきたのはすごくシンプルな共通点。

 

表面的に願っているものなのかどうか
心底心が求めていて自分に許可ができているものかどうか

 

「書き表す」ことでそこから「感情」というヒントを得ることができた、ということ。

 

だから書き方を正しくやってもほとんどの場合叶わなかったり、ちょこちょことした叶い方をしたりするわけなんだな〜…と、叶わないケースへの合点がいきましたよね。

 

ちなみにノートが高級かどうかも全然関係ありませんでしたよー。

 

150円のノートに書いてたときのことが一番お金の単位でいうと大きな現実化がありました。

 

こんなん(笑)

[amazonjs asin=”B00SFDAI8S” locale=”JP” title=”コクヨ キャンパスノート 方眼罫 A5 ノ-104S5-D 【5冊】”]

 

だいたいは好きで3000円くらいのノート使ってますけど

 

今はこれです↓

[amazonjs asin=”B06Y6DD6BS” locale=”JP” title=”ロディア Rhodiarama ゴールブック A5 ドット ポピー cf117753″]

 

(昔から文具好きなのです♡)、最近はもっぱら仕事のネタ帳とかアイデアノートとか、まとめノートみたいになってます(笑)

 

本当に叶う書き方を覚えちゃったから、スケジュールもこれで思いついたときにラフに箇条書きとかにしちゃってますが…

 

正直スケジュール帳をマメにつけて、携帯とPCで神経質にスケジュール同期したりしてたころよりもずっとずっと実用的に使えてます。

 

し、ステージアップの願いとかも淡々と現実になっていきます。

 

そんなこんなで本当に願いを叶えたいときのノートの使い方、わたしなりの実験検証と結果からのデータを書いてみました。

 

ヒントになればうれしいです♡

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク